WebSaru辞書 > 英和辞典 > accompanimentの和訳
WebSaru英和辞書での「accompaniment」の意味と読み方

accompaniment

[ə'kʌmpənɪmənt]
    伴うもの,随伴物,自然に伴う物,伴奏




WebSaru専門語辞書での「accompaniment」の意味

accompaniment

[ə'kʌmpənɪmənt]
伴奏,付随物

WordNet英和辞書での「accompaniment」の意味と使い方

accompaniment

名詞
  1. 人やものを守るために、それらに付き添う行為

    (the act of accompanying someone or something in order to protect them)

  2. 完全なものにするために加えられる何か

    (something added to complete or embellish or make perfect)

  3. wild rice was served as an accompaniment to the main dish
    野生米がメイン?ディッシュの付け合わせとして出された
  4. 他の音楽のパートをサポートするか、バックグラウンドを他の音楽に提供する(音声あるいは楽器の)音楽のパート

    (a musical part (vocal or instrumental) that supports or provides background for other musical parts)

  5. 他のものと同時に、あるいは関連して起きる出来事や状況

    (an event or situation that happens at the same time as or in connection with another)


accompanimentの英語例文と使い方

人形は、三味線の伴奏と、独特の節まわしで太夫によって語られる浄瑠璃にあわせて、さまざまなしぐさをする。
The puppets perform the actions as the story is related in the joruri, to the accompaniment of shamisen music.
再編集されたアルバムからは、伴奏や音響効果が取りさられています。
The revised album has the accompaniment and sound effects removed.
加えて、発表会前にはギター伴奏付きの無料復習クラスがある。
In addition, before every student recital, a free review class with guitar accompaniment is available.
小唄は、15~16世紀頃行われた庶民的な短い歌謡である小歌の流れをくみ、19世紀初め頃に生まれた小歌曲で、テンポが早く、声をおさえる発声法でうたわれ、伴奏の三味線は「ばち」を使わず「つまびき」をする。
Kouta is a form of short song or ditty which appeared in the early nineteenth century but which derives from popular short songs of the fifteenth and sixteenth centuries. The songs are sung at a quick tempo in a suppressed voice to the accompaniment o
小唄は、19世紀終わり頃に、個性的な作詩·作曲、独特な伴奏が行われるようになって様式が確立した。
Kouta became established in its present form near the end of the nineteenth century as its devotees provided it with its own individual lyrics, melodies and style of shamisen accompaniment.

    

accompanimentに関連した例文を提出する



accompanimentの関連した用語