WebSaru辞書 > 和英辞典 > 自衛権を英語に訳すと
WebSaru和英辞書での「自衛権」の英語と読み方

自衛権

[じえいけん]
    right of self defense, right of self defence



right [raɪt]
    1. 正しい,正確な,正常な,表面の,適当な,公正な,正当な,まっすぐな
    2. 完全に,すっかり
    3. 直ちに,適当に,都合よく
    4. 右(の
    5. 権利,善,正義,的確,真相,右翼,右,正す,右の

self [self]
    自分,自己,自分自身,そのもの

defense [dɪˈfens]
    防衛,防御,弁護,守備,守備側,被告側,弁明,防衛策,防御物


WebSaru専門語辞書での「自衛権」の英訳

自衛権

[じえいけん]
right of self-defense

自衛権の例文と使い方

1954年、鳩山内閣は「第9条はわが国が自衛権を持つことを認めている」との政府見解を打ち出した。
In 1954, the HATOYAMA cabinet announced the official government view about the Constitution: "Article 9 admits that Japan has the right of self-defense.
「そうですね、権利章典の修正第2条は私たちに自衛権を保証します。そして私たちは修正第2条を擁護しています。人は誰でも自分を守る権利があるのです。
"Well, the Second Amendment to the Bill of Rights guarantees us the right to defend ourselves, and we're protecting the Second Amendment, you have a right to defend yourself.
しかし、このことは国家の固有の権利である自衛権の放棄を意味するものではない。
This does not mean, however, that the people of Japan have renounced the right of the state to defend itself.
国際情勢の変化やアメリカの政策の変化に伴い、自衛権に関する解釈は変わってきた。
The interpretation about the right of self-defense has been changed due to changes in the international environment and U.S. policy.
戦後の翌年(1946年)、当時の吉田茂首相は国会で、「いかなる形でも自衛権など認めない方が良い」と発言した。
In 1946, one year after the war, then Prime Minister YOSHIDA Shigeru remarked in the Diet, "It is better not to admit any form of the right of self-defense.

    

自衛権に関連した例文を提出する