WebSaru辞書 > 和英辞典 > 俳諧;誹諧を英語に訳すと
WebSaru和英辞書での「俳諧;誹諧」の英語と読み方

俳諧;誹諧

[はいかい]
    (See 俳諧の連歌) haikai (humourous or vulgar renga poetry) (humorous)



vulgar [ˈvʌlgər]
    下品な,野卑な,育ちの悪い,民衆の,大衆の,民衆,低俗な

poetry [ˈpəʊɪtrɪ]
    詩歌,詩,韻文,詩集,作風

humorous [ˈhjuːmərəs]
    ユーモアを解する,滑稽な,ユーモアのある


俳諧;誹諧の例文と使い方

各地の名所や昔の和歌でうたわれた土地を訪ね、俳諧を詠んでいる。
Basho visited places mentioned in old waka poems, and wrote his own haiku there.
江戸時代初めに書かれた「奥の細道」。日本を代表する詩人・松尾芭蕉の俳諧紀行である。
Narrow Road to the Deep North is a travel diary by Matsuo Basho, a 17th-century poet.
江戸時代にはまだ新しかった俳諧と和歌という日本の伝統的な詩歌を融合させた、日本を代表する紀行文学である。
This classic record of travel is a link between traditional waka and a form of poetry still new in the Edo period: haiku.
1747年に出版された「労四狂」。作者は自堕落先生こと、山崎浚明。いくつかの武家に仕えるも中途退職。医者として生計を立てつつ俳諧を得意としたという。
Published in 1747, Weary, at the End of My Rope was written by Yamazaki Shunmei, also known as "Doctor Degenerate." He passed through several samurai households working as a doctor skilled in haiku.
江戸時代の中頃(17世紀末頃)、松尾芭蕉が俳諧連歌の発句を独立させて、「さび」(枯れた渋み)、「しおり」(自ずから句に表われた繊細な余情)、「軽み」(題材を日常的な事物の中に求め、そこにあか抜けした面白みを見いだそうとするもの)を理念とする、人生詩·自然詩としての芸術性を確立した。
Matsuo Basho, in the middle of the Edo Period (late seventeenth century), gave independent life to the hokku (opening verse) of the haikairenga (linked verse), and established it as an art form dealing with life and nature, using aesthetic values such

    

俳諧;誹諧に関連した例文を提出する